HOME » JAつやまニュース » ブロッコリーの収穫体験

JAつやまニュース

前へ

ハウスブドウ反省会


  青壮年部 西部支部
更新日 2020.01.24

ブロッコリーの収穫体験(12月10日)


真剣に収穫

真剣に収穫

青壮年部西部支部は、食農教育活動として鏡野町立鶴喜小学校の3年生11人に、ブロッコリーの収穫を指導しました。このブロッコリーは、9月上旬に児童らが池田 松男さん(鏡野町下森原)の畑に640本の苗を定植したものです。
児童は、部員から包丁の使い方などを習った後、慣れない作業に初めは戸惑っていましたが、すぐに手際がよくなり収穫を楽しみました。
児童は「初めは茎が、なかなか切れなくて大変だったけど、慣れたら楽しくなった。シチューに入れて食べるのが楽しみ。」と笑顔で話してくれました。
この農業体験は、栽培を通じて収穫の喜びを知ってもらうもので、収穫したブロッコリーは自宅に持ち帰りました。



前へ

ハウスブドウ反省会

販売実績など説明


このページの先頭へ