HOME » JAつやまニュース » 適切な処理で、環境を守り、リサイクル推進

JAつやまニュース

前へ

機械で植付け


NEW  農業用廃プラスチック回収
更新日 2019.12.24

適切な処理で、環境を守り、リサイクル推進(11月14日)


次々と回収

次々と回収

JAでは、東部営農経済センターなど管内9か所で農業用廃プラスチックの回収を実施しました。
各回収場所には、組合員のみなさんが農業生産に使用したハウスビニールや肥料用袋、育苗箱、畔シート、黒マルチなどが持ち込まれました。
利用者は「広報誌を見て初めて持ってきました。育苗箱を買い替えたので処分するのに助かります。」と話されました。
農業用廃プラスチックの回収は、野焼きや不法投棄などを防ぎ、適切な処理とリサイクルを促進するために実施しており、全体で約39t(566名分)を回収しました。
今後も適切な処理に、ご協力をお願いします。



前へ

機械で植付け

あっという間に植付け


このページの先頭へ