HOME » JAつやまニュース » クッキング・フェスタ開催

JAつやまニュース

前へ

親子で運動あそび


NEW  地産地消で地元食材PR
更新日 2019.12.24

クッキング・フェスタ開催(11月06日)


地元食材を使って調理

地元食材を使って調理

JAつやま女性部は「家の光 クッキング・フェスタ」を津山中央公民館で開催し、女性部員と地域のみなさん、JA役職員ら100人が参加しました。
クッキング・フェスタは、JAつやま管内の安全・安心で信頼できる農畜産物を使った料理を通じて、地元食材の良さとおいしさをPRするとともに、地産地消運動の重要性・食と農の大切さを伝え、JA・JA女性部の活動を理解し、身近に感じていただくことを目的に開催しています。


手際よく調理

手際よく調理

女性部員が、久保 敦子先生(国際中医薬膳師・薬膳茶師・管理栄養士)の指導の下、地元食材を使って作った「豚巻きポテトクリームコロッケ」や「里芋の胡麻・胡桃味噌あえ」など7品を試食し、地元食材のおいしさを再確認しました。
講演会では、久保先生が「私は、我が家の食医、おうちで薬膳」と題して講演を行いました。


7品のできあがり

7品のできあがり

参加者は「どの料理もおいしかった。レシピが載っているので、ぜひ作って家族に食べさせたい。久保先生の講演は、わかりやすく笑いながら楽しく聞かせてもらいました。」と好評でした。

クッキング・フェスタは地域貢献活動の一環として、JA共済が協賛しています。


みんなで試食



前へ

親子で運動あそび

元気に遊びました。


このページの先頭へ