HOME » JAつやまニュース » 鶴喜小学校で ブロッコリーの苗定植

JAつやまニュース

前へ

ブドウ栽培を目指して!


NEW  青壮年部 西部支部
更新日 2019.10.24

鶴喜小学校で ブロッコリーの苗定植(09月05日)


1本1本ていねいに植えました。

1本1本ていねいに植えました。

青壮年部西部支部は、食農教育活動として鏡野町立鶴喜小学校の3年生11人に、池田 松男さん(鏡野町下森原)の畑で、ブロッコリー苗の定植を指導しました。
今年で7年目の取り組みで、児童は30cm間隔に640本の苗をていねいに植えました。
児童は「大変だったけど、自分たちが植えたブロッコリーが大きくなり、収穫するのが楽しみ。」と笑顔で話してくれました。
今後、児童は草取りを行い11月下旬に収穫体験をします。



前へ

ブドウ栽培を目指して!

今後のご活躍を期待しています。


このページの先頭へ