HOME » JAつやまニュース » 職員が鑑定力を養う

JAつやまニュース

前へ

「特A米」 を目指す!


NEW  農産物検査員 鑑定試験
更新日 2019.09.24

職員が鑑定力を養う(08月06日)


真剣に鑑定

真剣に鑑定

JAつやまは、東部営農経済センターで農産物検査員の研修会と技能確認会を実施しています。
研修では米・麦・大豆の等級検査の精度を高め、また検査員の鑑定技術の維持向上を図るため、年5回の鑑定練習会と2回の技能確認会を行っています。
今回は、鑑定試験を行いました。農産物検査員の資格を持つ職員40人が、米と大豆についての品位・銘柄の鑑定を行い、個々の技量を確認しました。
職員は「鑑定練習をしっかりし、円滑、公平に等級をつけたい。」と真剣に取り組みました。



前へ

「特A米」 を目指す!

4年連続「特A米」獲得を!


このページの先頭へ