HOME » JAつやまニュース » きゅうり共同選果開始式

JAつやまニュース

前へ

スマート農業の推進に向けて


  JAつやま・JA勝英
更新日 2019.07.24

きゅうり共同選果開始式(06月21日)


共同選果開始式

共同選果開始式

JAつやまとJA勝英は、今年度から両JA管内で生産したきゅうりをJAつやま久米南選果場での共同選果を開始しました。来年度の県内8JA合併に先がけ、共同選果により業務の効率化を図り、運営コストの削減やスケールメリットを生かしたロット拡大、ブランド力向上と有利販売につなげ、生産者の所得向上を目指します。


「笑味ちゃん天気予報」の取材を受ける内田組合長

「笑味ちゃん天気予報」の取材を受ける内田組合長

久米南選果場で「JAつやま・JA勝英きゅうり共同選果開始式」を行い、両JAの部会員や県、JA関係者など約40人が出席し、共同選果開始を祝いました。JAつやまの内田組合長は「ロットが拡大し、市場での有利販売が期待でき、生産者の所得増大につながる。JA勝英とともに産地を育てていきたい。」と話しました。


カメラ判別の選果機

カメラ判別の選果機

共同選果を行う久米南選果場では、カメラ判別の選果機により、太さや長さなどを自動判別し、8等階級に分けて選別されます。選果場では5月からハウス栽培のきゅうりの出荷が始まり、最盛期は8月中旬に迎え、1日6t以上が持ち込まれます。共同選果したきゅうりは岡山、鳥取、大阪の市場に送られます。
アスパラガスも今年度から共同選果を行い、JA勝英の奈義選果場に集荷し、3月から出荷を開始しています。
当日の模様は7月4日放送のRSKテレビ「笑味ちゃん天気予報」で紹介されました。



前へ

スマート農業の推進に向けて

試験中の畦畔


このページの先頭へ