HOME » JAつやまニュース » バケツ稲作りの指導

JAつやまニュース


NEW  青壮年部 西部支部
更新日 2019.06.24

バケツ稲作りの指導(05月30日・06月04日)


青壮年部盟友から植え方を教えてもらいました

青壮年部盟友から植え方を教えてもらいました

青壮年部西部支部はバケツ稲作りの指導を行いました。
鏡野町立芳野こども園では年長組の園児39人に、青壮年部員とJA職員が園児のバケツに育苗土と水を入れ、園児が泥だらけになりながらよくかき混ぜ、用意された「ココノエモチ」の苗を1人2株ずつ植えました。


楽しい!!

楽しい!!

また、鏡野町立かがみの中央こども園では年長組36人が「きぬむすめ」の苗を1人2株ずつ植え、その後園内の畑でサツマイモの苗植えも行いました。
バケツ稲には名前を書いた札を立て園児が今後管理を行い、秋には稲刈りや脱穀作業を体験します。かがみの中央こども園ではサツマイモの収穫も行います。
竹元 学支部長は「この体験を通して農作業を楽しんでもらい将来の担い手の育成につながれば。」と話されました。


サツマイモの苗植え





このページの先頭へ