HOME » JAつやまニュース » 農業の担い手として地域農業の振興を図る

JAつやまニュース

前へ

ショウガの植え付け体験


  青壮年部総会
更新日 2019.05.24

農業の担い手として地域農業の振興を図る(04月16日)


JA青年組織綱領の唱和

JA青年組織綱領の唱和

JAつやま青壮年部は、第18回総会をザ・シロヤマテラス津山別邸で開き、盟友、JA役職員、関係機関の担当者合わせて37人が出席しました。
議事では、平成30年度事業・収支決算報告及び監査報告、平成31年度事業・収支予算計画、役員改選など6議案について可決承認しました。新部長に小原 恒亮盟友(西部支部)が選任されました。
重点活動計画は「JAをよりどころとして、自らの営農と生活を充実・発展させ組織の充実を図る。」「JAの販売・購買事業の利用率向上につとめる。」「JA職員の教育研修を支援し、JA女性部との協議により食農教育の共同事業をおこなうこと。」を決めました。
議事終了後、東部・西部・南部支部が、それぞれ平成30年度の活動を報告し、情報を共有しました。



前へ

ショウガの植え付け体験

中井さんが説明


このページの先頭へ