HOME » JAつやまニュース » 新規就農実務研修へ

JAつやまニュース

前へ

アスパラガス共同選果開始式


  就農促進トータルサポート事業
更新日 2019.05.24

新規就農実務研修へ(04月10日)


(左から)高橋さん、内田組合長、横部さん

(左から)高橋さん、内田組合長、横部さん

就農希望者を県・町・JAで支援する就農促進トータルサポート事業があります。
この事業を利用し、高橋 秀人さんが久米南町に移住し、1年間、ブドウ栽培の実務研修に入りました。高橋さんは、以前の職場の関係で知り合った久米南町のブドウ栽培者から誘いがあり、3年前からバイトとして手伝い、太陽の下で仕事ができる喜びを経験したこともあり、ブドウ栽培者として自立を目指します。
また、横部 澄人さんは、耕作していない実家の農地を有効に活用したいという思いから、久米南町にUターンし、町特産のキュウリ栽培に向け1年間の研修に入り、安定した経営を目指します。
お二人の今後のご活躍を期待しています。



前へ

アスパラガス共同選果開始式

選果開始式


このページの先頭へ