HOME » JAつやまニュース » 管内各地で収穫の秋を迎える

JAつやまニュース

前へ

初心者にお勧め ほ場見学会


NEW  米検査始まる
更新日 2018.10.24

管内各地で収穫の秋を迎える(09月11日)


検査風景

検査風景

JA管内では、平成30年産米の検査が9月4日から始まりました。11日は、東部営農経済センターに「あきたこまち」「キヌヒカリ」など530袋が出荷されました。
JAでは、農産物検査員資格を持つ職員が、慎重に検査し等級格付けを行っています。
検査は管内18か所の検査場で11月上旬まで続きます。30年産米の集荷は、13万俵を計画しています。



前へ

初心者にお勧め ほ場見学会

生産者から話を聞く参加者


このページの先頭へ