HOME » JAつやまニュース » 被災地支援に役立てて!

JAつやまニュース

前へ

抽選会!


NEW  中央ぶどう部会
更新日 2018.10.24

被災地支援に役立てて!(09月01日)


格安なピオーネを笑顔で受け取る来場者

格安なピオーネを笑顔で受け取る来場者

中央ぶどう部会は、中央支店で「ピオーネ」の即売会を開きました。即売会は東日本大震災の被災地を支援しようと始めた取り組みで、今回で8回目になります。部会員有志が持ち寄った406箱(2kg入り)を通常価格の半額以下の1,000円で販売し20分余りで完売しました。
福田 彰部会長は「いっぱい買って、いっぱい食べて、岡山のブドウを応援してほしい。売上金を義援金として贈り、少しでも役に立てば。」と話されました。


部会から美咲町、JAへ義援金を託しました

部会から美咲町、JAへ義援金を託しました

今回の売上金は、美咲町とJAつやまに託され、西日本豪雨で甚大な被害を受けた被災地に、それぞれ義援金として贈り、役立ててもらうことにしました。
また、中央支店の職員が、早朝より行列に並ぶ来場者にお茶やかき氷をサービスで配りました。
9月3日には早速、内田組合長がJA岡山西を訪れ、部会の思いを伝え、JA岡山西の山本 清志組合長、石我 均専務に義援金を手渡しました。JA岡山西の山本組合長は「見舞金をいただきありがたい。今日から2支店の営業を再開、支店を拠点とした生活、営農の支援に活用していきたい。」とお礼を述べられました。



前へ

抽選会!

ご応募ありがとうございました


このページの先頭へ