HOME » JAつやまニュース » 誠道・秀実チャレンジカップ
ソフトボール交歓大会

JAつやまニュース

前へ

ブドウ栽培を目指して


  JA presents
更新日 2018.08.24

誠道・秀実チャレンジカップ
ソフトボール交歓大会(07月16日)


優勝した「鏡野南スポーツ少年団」

優勝した「鏡野南スポーツ少年団」

JA presents誠道・秀実チャレンジカップソフトボール交歓大会が、津山市久米総合文化運動公園で開催されました。津山市久米地区、久米郡、鏡野町内の6チームが参加し、試合は2コートで行われ、予選から決勝まで全7試合の熱戦を繰り広げ、鏡野南スポーツ少年団が優勝しました。準優勝は誠道・秀実スポーツ少年団となりました。優勝した鏡野南スポーツ少年団の牧田悠杜主将は「投手が最後までしっかり投げ、守備もミスなくチーム一丸となって頑張れた。」と話してくれました。


元気に選手宣誓

元気に選手宣誓

また、最優秀選手賞は鏡野南スポーツ少年団の山﨑 翔太選手、優秀選手賞は誠道・秀実スポーツ少年団の桃田 亮駕選手が受賞しました。山﨑選手は「受賞でき、とてもうれしい。次の試合でも優勝できるように頑張りたい。」と話し、桃田選手は「今日は全試合ヒットを打てた。もっと練習をしていい選手になり、チームが勝てるようにしたい。」と話してくれました。大会はJAつやまが共催、JA共済が地域貢献活動の一環として協賛し開催しました。


熱戦を展開

熱戦を展開


前へ

ブドウ栽培を目指して

頑張ってください。


このページの先頭へ