HOME » JAつやまニュース » ジャンボピーマン初出荷

JAつやまニュース

前へ

農業用廃プラスチック回収


  久米ジャンボピーマン部会
更新日 2018.08.24

ジャンボピーマン初出荷(07月09日)


今年も順調です。

今年も順調です。

JAつやま久米ジャンボピーマン部会は、久米選果場で初出荷式を行い、部会員や行政関係者、JAなど27人が出席しました。初日は部会員15人が約300kgを出荷。
土居 治部会長は「今年は天候不順で、生育を心配していたが、例年並みに生育している。」と話されました。
ジャンボピーマンは、通常のピーマンよりも3~4倍大きく、肉厚で、苦みがなく、甘みが強い。現在、部会員20人が約50aで栽培し、11月下旬まで出荷します。
主な出荷先は岡山、広島、鳥取の市場。地元の道の駅や直売所などにも出荷しています。今年は15tの出荷を見込んでいます。



前へ

農業用廃プラスチック回収

たくさん回収されました。


このページの先頭へ