HOME » JAつやまニュース » 田植え・アイガモ放鳥を指導

JAつやまニュース

前へ

田植え体験学習


  青壮年部 東部支部
更新日 2018.07.24

田植え・アイガモ放鳥を指導(06月07日・18日)


手植えを体験

手植えを体験

青壮年部東部支部は、地元の子どもに農業体験をしてもらおうと津山市立清泉小学校の2年生、5年生を対象に津山市綾部の梶岡克彦さんの田んぼで田植えとアイガモ放鳥を指導しました。
7日は梶岡さんから2年生16人に手植えの仕方について、5年生11人には、機械植えをするので田植機の安全な操作について説明をしました。2年生は「素足で田んぼに入って、水が温かく土がぬるぬるして気持ちが良かった。」「初めて植えたけど楽しかった。また、植えてみたい。」5年生は「初めは緊張したが、すぐに慣れて楽しかった。」と話してくれました。


アイガモの放鳥

アイガモの放鳥

また、18日には田植えをした田んぼにアイガモやアヒルのヒナ40羽を放鳥しました。
秋には稲刈り体験をします。



前へ

田植え体験学習

手植えを体験


このページの先頭へ