HOME » JAつやまニュース » キュウリ植え付け体験

JAつやまニュース

前へ

第8回感謝祭


  弓削小学校
更新日 2018.06.25

キュウリ植え付け体験(05月18日)


みんな一斉に植え付け

みんな一斉に植え付け

久米南キュウリ部会は久米南町立弓削小学校でキュウリの定植指導を行いました。食農教育の一環として今年で7回目。4、5年生23名が部会員から植え付けの方法などの指導を受け、校内の畑に30本定植しました。定植後は児童が水やりを行い、今後の栽培管理を教わりました。今後は児童が水やりや草取りを行い、部会員も来校し、追肥や防除などの管理を行います。


部会員が確認

部会員が確認

定植したキュウリは6月中旬頃から収穫を行い、1,000本の収穫を目指します。収穫したキュウリはJAへの出荷や家庭科の授業での調理、家庭への持ち帰りを予定しています。定植を体験した児童は「初めてキュウリを植えた。キュウリが好きなので、よく管理をして、おいしいキュウリができてほしい。」と話してくれました。石原 正巳部会長は「一生懸命栽培の観察、管理を行い、しっかりと育ててほしい。」と話されました。



前へ

第8回感謝祭

人形供養祭


このページの先頭へ