HOME » JAつやまニュース » 平成29年度 和牛シンポジウム

JAつやまニュース

前へ

大正琴交流会を楽しむ!


  育成技術向上のため
更新日 2018.04.24

平成29年度 和牛シンポジウム(03月16日)


シンポジウムの様子

シンポジウムの様子

和牛シンポジウム実行委員会(岡山県畜産協会をはじめJA全農おかやま等県下畜産6団体で構成)は、「元気な子牛の生産に向けて!」をテーマに、和牛飼育農家、行政、JA等関係団体、約200人が参加して「和牛シンポジウム」をグリーンヒルズ津山リージョンセンター(津山市大田)で開催しました。
シンポジウムは、和牛飼育現場で和牛の生産意欲を高めるとともに、繁殖及び哺育育成技術の向上による生産性の高い農家を育成し、和牛経営の安定的発展に繋げようと毎年開かれています。
当日は、NOSAI岡山生産獣医療支援センター藤井 多加治 所長より「牛の分娩と分娩に係る事例について」の紹介を行い、続いて宮崎大学獣医学科 獣医外科学研究室 助教 桐野 有美 先生より「子牛の感染症と外科疾患 ―すくすく育つ子牛づくりを目指して―」と題して講演があり、参加者は、真剣に聞き入っていました。



前へ

大正琴交流会を楽しむ!

真剣に演奏


このページの先頭へ