HOME » JAつやまニュース » 新高梨収穫・稲刈り体験

JAつやまニュース

前へ

さっぱりした甘さ・豊かな風味をお届けします!


NEW  誠道っ子育農会
更新日 2017.11.24

新高梨収穫・稲刈り体験(10月04日)


新高梨の収穫

新高梨の収穫

食農教育活動を進める津山市の誠道っ子育農会は、津山市立誠道小学校の6年生20人に、久米地区の甲本義弘さんの梨園で「新高」の収穫を指導しました。
児童らは同梨園で6月下旬に袋掛けを体験しており、今回は自分の名前や絵を描いた袋を探し、大きく実った梨に驚きながらもぎ取りました。児童は「自分が袋掛けした梨を見つけるのが楽しかった。大きく育ってうれしかった。」などと話してくれました。収穫した梨は、自宅に持ち帰った他、全児童の給食のデザート用にもいただきました。


稲刈り

稲刈り

また、午後からは5年生18人に、児童が6月初旬に田植えをした学校近くの田んぼで稲刈りの指導をしました。児童は育農会の方から稲の持ち方や鎌の使い方を習い、汗をかきながら一生懸命に刈り取りしました。刈り取った稲は、育農会の方とコンバインで脱穀しました。
児童は「稲刈りは、初めてで最初は刈りにくかったけど、段々上手に刈れておもしろかった。」と話してくれました。



前へ

さっぱりした甘さ・豊かな風味をお届けします!

型や傷をチェック


このページの先頭へ