HOME » JAつやまニュース » ミニクッキング・フェスタ開催

JAつやまニュース

前へ

小麦の作付け説明会


NEW  地産地消で地元食材をPR
更新日 2017.08.24

ミニクッキング・フェスタ開催(07月14日)


料理スタッフが調理

料理スタッフが調理

JAつやま女性部西部地区は「家の光  ミニクッキング・フェスタ」を鏡野町の富ふれあいセンターで開催しました。女性部員や地域のみなさん、JA役職員ら、80人が参加しました。女性部員が、JA岡山厚生連の松岡由美子先生の指導の下、地元食材を使って作った料理を味わいました。


地元食材を味わいました

地元食材を味わいました

地産地消や米の消費拡大、食料自給率の向上をめざし「食」と「農」の大切さを消費者に伝え、JAや女性部の活動を身近に感じていただくことを目的に開催しています。


家の光を活用した作品展

家の光を活用した作品展

講演では、松岡先生が「大丈夫?私達の『食』」と題して講演を行いました。
参加者は「どの料理もおいしかった。レシピが載っているので、ぜひ家でも作ってみたい。講演では食べることの大切さがよく理解できました。」と話されました。


地元食材がいっぱい

地元食材がいっぱい

今回のフェスタは、地域貢献活動の一環としてJA共済が協賛しています。



前へ

小麦の作付け説明会

熱心に説明を聞きました


このページの先頭へ