HOME » JAつやまニュース » キュウリ出荷目合わせ会

JAつやまニュース

前へ

特殊詐欺被害の未然防止訓練


NEW  久米南きゅうり部会
更新日 2017.07.24

キュウリ出荷目合わせ会(06月14日)


真剣に確認しました。

真剣に確認しました。

JAつやま久米南きゅうり部会は、JAつやま久米南支店選果場でキュウリの出荷目合わせ会を行いました。部会員など約20名が参加。7月下旬から9月中旬の出荷の最盛期を前に現在の販売情勢や出荷の取り決め事項、選果の統一、収穫時期の見直しなどを話し合いました。また、美作広域農業普及指導センターの職員よりこれからの栽培管理についての指導も行われました。石原 正巳部会長は「今年は今のところ夜間が低温で生育が遅れているが、400トンの出荷を目標に頑張っていきたい。」と話されました。部会では、昨年400トンを出荷し、県内の出荷量の約半数近くを占め、12月下旬ごろまで出荷を予定しています。



前へ

特殊詐欺被害の未然防止訓練

支店長と窓口職員が体験


このページの先頭へ