HOME ≫ JAつやまについて ≫ 管内の風景 津山市 ≫ 道の駅「久米の里」

JAつやまについて

前へ

衆楽園


管内の風景(津山市)

道の駅「久米の里」 ―津山市―

道の駅「久米の里」の写真

豊かな自然と仙人物語が残る津山市久米地区。地区を東西に走る国道181号沿いにあるのが、道の駅「久米の里」。

施設内では自然薯・新高梨等・ジャンボピーマン等の特産品をはじめとする四季折々の新鮮野菜を直売しているほか、ジャンボピーマンを使ったオリジナルアイスクリームや地元で採れた梅の加工品、仙人物語にちなんだ仙人味噌なども販売されている。

また、敷地内には同市宮部下在住の中元正一氏が自ら設計図を描き、機体は鋼製の内部骨格、外装は繊維強化プラスチック製、脚部は動かせるように油圧シリンダー等が組み込まれ、コックピット内に人が乗り込み操作できる二足歩行型有人汎用機械として、約7年の製作期間を経て独力で製作した高さ約7メートルの機動戦士Zガンダムの模型が展示されていて、全国各地から見物客が訪れている。


前へ

衆楽園

衆楽園の写真


このページの先頭へ