HOME ≫ JAつやまについて ≫ 管内の風景 津山市 ≫ 宇那提森の「ムクノキ」

JAつやまについて

前へ

グリーンヒルズ津山


管内の風景(津山市)

宇那提森の「ムクノキ」 ―津山市―

宇那提森の「ムクノキ」の写真

「昔、この木には大蛇が住んでおって、下を通る旅人を食べとったんじゃ」という伝説があり、以前はそんな言い伝えも本当かなと思えたが、今では住宅も増えて、そのような雰囲気はなくなってしまった。

この宇那提森は万葉集にも詠まれているが、戦国時代に美作に侵攻した戦国大名の宇喜多氏により伐採されてなくなり、現在は樹齢700年以上の「ムクノキ」が1本だけ残されている。

主幹は根元周囲4m、高さ約10mと1本でも威風堂々と言った形容詞がピッタリで、歴史の証人としていつまでも残して行きたいものである。

昭和48年に市の重要指定文化財に指定されている。


前へ

グリーンヒルズ津山

グリーンヒルズ津山の写真


このページの先頭へ