HOME ≫ JAつやまについて ≫ 業務案内 ≫ 共済事業

JAつやまについて


共済事業

事業方針

昨年度は、3Q訪問活動による「万一保障」および「こども・介護・自動車」に重点をおいた普及活動ならびに建物更生共済の仕組改訂により保障見直しにも取り組んで来ましたが、長期共済保有契約高の減少には歯止めがかかりませんでした。

今年度も、事業計画の着実な遂行に向けて多様化する利用者ニーズに対応すべく、3Q訪問活動を基軸とした普及推進活動の実践および地域特性に基づくエリア戦略の展開により、計画目標の達成と安定した共済事業収益の確保を図ります。

普及活動計画では、「地域におけるJA・JA共済の存在価値を高める3か年」を目指し、① 世帯に深く地域に広い推進活動の展開 ② エリア特性に応じた支店ごとの推進戦略づくり ③ 信用共済渉外員(LA)・共済窓口担当者(スマサポ)が自信を持って推進できる環境づくりを基本方針として取り組んでいます。

上記基本方針を踏まえ、3か年計画の最終年度にあたる平成30年度は、以下の3点を普及活動方針として普及推進活動を展開します。

 

普及活動方針

(1)全組合員への訪問・保障点検による保障拡充と次世代層・次々世代層との接点強化。

3Q訪問活動を通じて、あんしんチェックを実施し、ライフプランに合わせたニーズ喚起・保障提案を行うことにより世帯内深耕と保障拡充を図ります。これにより「事業基盤(共済契約者)の維持・拡大」に努めます。

また、次世代層・次々世代層への接点強化のため、キャンペーンを通じた既加入者からの紹介を起点とする活動を展開します。

(2)「ひと・いえ・くるま」の総合保障の拡充

新設資材の3Qマップを活用し、未加入分野の確認・ニーズ喚起を実践し、「ひと・いえ・くるまの総合保障」の提供に取り組みます。

「ひと」保障では、生保証券分析システムを活用した総合的な保障点検活動の展開による万一保障への取り組みを強化します。また、次世代につながるこども共済をはじめとした年金共済、医療系共済、介護共済を含めた生存保障の拡大、さらには新仕組みである生活障害共済を活用した就業不能リスクに対する保障の展開を通じ、生命契約者数の維持・拡大を図ります。

「いえ」保障では、前年度に引き続き、高倍率化・実損てん補を訴求した保障見直しとともに、転換契約に集中した推進から新規契約獲得強化にシフトした推進に取り組みます。

加えて、引き続き推進余地が大きい“家財保障”の積極的な普及拡大を通じて、保有契約高の純増を図ります。

「くるま」保障では、自動車共済の新規契約の拡大と継続率向上およびクルマスター占率の向上に向けたグレードアップの取り組みを強化し、契約件数、掛金実績の維持・拡大を図ります。また、既契約者への保障充足および損保への契約流出を防止するため、年間を通じた契約者フォローや早期継続アプローチの取り組みを強化します。

(3)保障の継続性の確保と次世代層・次々世代層への保障拡充

平成30年度到来の大量満期契約について、満期共済金の流出防止・付加収入確保の観点から、満期ありがとうキャンペーンを展開し満期契約に対して重点的に取り組みます。

JA共済とは

JA共済は、多数の人々が互いに助け合って将来の予測しえない事態に備えることを目的とした制度です。私たちの一生には 「就職 → 結婚 → 子供の誕生 → 住宅の取得 → 子供の教育 → 退職 → 老後」 といった、いくつかの大きな節目があります。こうした節目を迎えるごとに大きな支出や準備が必要となります。

JA共済では、生命共済と損害共済の両方を扱っており、暮らしの保障のすべてを取り揃え、人生の節目節目を見据えた保障プランをご用意し、組合員のみなさまをはじめ、地域住民のみなさまの暮らしの安心を広げています。

JA共済の主な保障プラン

終身共済
万一のときも「一時金」・「年金」でご家族をしっかり守り、病気やけがに対する備えも確かな生涯保障プランです。
養老生命共済
万一のとき病気やけがの保障と貯蓄を両立させたプランです。
こども共済
お子さまの入学資金・結婚・独立資金の準備に、万一の病気・けがにも手厚く保障するプランです。
医療共済
病気やけがによる「日帰り入院から長期の入院まで」幅広く保障し、一生涯にわたっても手厚く保障するプランです。
がん共済
がんと闘うための安心を一生涯にわたって手厚く保障するプランです。
介護共済
介護の不安に備えられる、一生涯にわたって手厚く保障するプランです。
引受緩和型定期医療共済
持病を持たれている方でも、簡単な告知でご加入いただけるプランです。日帰り入院もしっかり保障します。
定期生命共済
掛け捨てタイプです。安い掛金で万一の死亡を保障するプランです。
予定利率変動型年金共済
ゆとりある老後の生活資金準備のためのプランです。
建物更生共済
大切な家や家財を火災はもちろん、地震・台風などの自然災害からも幅広く保障するプランです。
自動車共済
対人・対物賠償をはじめ人身傷害・車輌損害など万一の自動車事故を幅広く保障します。
自賠責共済
人身事故被害者保護のための自動車に加入が義務付けられている共済です。
傷害共済
交通事故やその他不慮の事故で死亡されたり、負傷されたとき共済金をお支払いします。8つのプランから目的に合わせて選べます。
火災共済
火災・落雷などの損害から、大切な家や家財を守る掛け捨てタイプの共済です。

※詳しい商品説明については、JA共済-保障とサービスのご案内へ

JA共済の特徴

JA共済は、JAの行なう地域密着の総合事業の一環として、相互扶助を基本理念に生命・建物・自動車などの各種共済による生活総合保障を通じて、個人の日常生活のうえで必要とされるさまざまな保障・ニーズにお応えしています。

営利を目的としていません
JA共済は、「相互扶助(助け合い)」を基本理念として、組合員自身の手によって生まれました。したがって、営利を目的としていません。
共済掛金は無理なくご負担いただけるよう設定しています
JA共済は、営利を目的としていないこと、JAの総合事業の一環として共済事業を運営していることなどから、共済掛金は、組合員・利用者の皆さまの家計費の中で、無理なくご負担いただけるよう設定しています。
生活設計にあった保障をおすすめします
JAは地域に密着しています。JA職員も同じ地域に暮らす隣人です。したがって、加入される皆さまの立場に立った保障をおすすめします。

17338010101

ホームページ上のJA共済の保障(商品)は、概要を説明したものです。
ご検討にあたっては、「重要事項説明書(契約概要)」を必ずご覧ください。
また、ご契約の際には、「重要事項説明書(注意喚起情報)」および「ご契約のしおり・約款」を 必ずご覧ください。



このページの先頭へ