HOME » 組合長ブログ » 新年のご挨拶

JAつやまについて


更新日 2020.01.01

新年のご挨拶


明けましておめでとうございます。
令和二年の年頭にあたり、組合員・関係者の皆様から旧年中に賜りましたご支援・ご協力に対し厚くお礼を申し上げます。
昨年は台風15号、19号、21号のたび重なる台風襲来により、被災された皆様には心よりお見舞い申し上げますと共に、被災地の一日も早い復興をお祈り申し上げます。
農業、農村、JAをめぐる環境は、組合員の高齢化と担い手不足、耕作放棄地の増大など生産基盤の弱体化が進む中で、昨年はTPP11、日EU・EPAの発効、また、日米貿易協定が熟議なきまま国会で拙速に承認され、本年一月一日より発効され、日本農業はかつてない国際競争にさらされ、市場開放圧力により、特に畜産農家への影響が懸念されています。
米につきましては、平成三十年産米から地方自治体やJAなどによる自主的な需給調整が進む中で、令和元年産も米生産農家の皆様のご協力により達成することができ、毎年、米の消費量が10万t減少している中で、米価もほぼ一昨年並みの価格で集荷することができました。きぬむすめについては、三年連続で「特A」の評価を得ることができ、有利販売に弾みがついています。
昨年は新しく鏡野支店とJA-CAT鏡野店がオープンいたしましたが、本年三月には、JA-CAT美咲店をオープンする予定です。JA-CATにつきましては、管内に三か所を開設し、農家のニーズに対応した肥料・農薬・生産資材等、地域一番の品揃えと営農相談機能、戸配送による流通改革を含めた購買事業改革により、引き続き生産資材の価格引下げを図っていきたいと考えています。
現在JAグループは、「農業者の所得増大」「農業生産の拡大」「地域の活性化」を基本目標に掲げ、自己改革に取り組んでいますが、元気な農業、地域を支えるJAを継続的に維持していくためには、今こそJAの経営基盤を強化し、新たな体制を構築することが極めて重要と考え、昨年二月の臨時総代会で県下8JAの合併を可決いただき、本年四月一日より「晴れの国岡山農業協同組合」が発足いたします。
今後は8JAがそれぞれ持つ強みを最大限に活用し、組合員の「農」と「くらし」を支え地域に愛されるJAを目指し、「合併してよかった。」と組合員や地域の皆様に評価されるJAとなるよう、役職員一丸となって決意も新たに取り組んでいく所存でございますので、今後も何卒ご理解とご協力をお願いいたします。
結びに組合員皆様のご健勝とご多幸をご祈念申し上げ、年頭のごあいさつとさせていただきます。

代表理事組合長
内田 久士



このページの先頭へ