HOME » 組合長ブログ » 平成30年度がスタート

JAつやまについて


NEW
更新日 2018.04.04

平成30年度がスタート


桜の花も例年になく早く満開となり、平成30年度も始まりました。
中期計画の最終年度でもあり、全体朝礼の中で改めてJA自己改革のメインテーマである「創造的自己改革への挑戦」と三つの基本目標「農業者の所得増大」「農業生産の拡大」と「地域の活性化の達成」が総合事業の堅持と地域・組合員からの支持を得ることだと強調したところです。
種子法が今年度から廃止され、長い間、農業・農村の安定に寄与してきたものがまた一つ廃止された。規制改革推進会議の提言により、どんどん食と農に関係する諸制度や規制が改廃されていく。4月2日の日本農業新聞の記事に、「種子を制するものは食料を制する。食料主権をないがしろにする国は、食と農の未来に責任を持たない国である。」と載っていたように、まさにそのとおりである。
今期中期計画の創造的自己改革は、これまでの改革とは全く違うものであり、過去からの単なる延長に未来はないので新たな発想で挑戦していこうと思っています。頑張ります。




このページの先頭へ