HOME ≫ 農産物直売所

農産物直売所

直売所紹介

近年、「食」と「農」の距離が離れてきたと言われ、輸入食材の増加や食肉等の偽装問題などを契機に消費者の食の安全・安心に対する関心が高まり、地域で生産された農産物を求める声が広がり、「地域でとれたものを地域で消費する」という「地産地消」運動が取り上げられています。

この地産地消は、生産者にとっては流通コストの削減や小規模な生産規模でも対応でき、消費者にとっては生産者の顔が見える、安全で安心、そして、新鮮な農産物が提供されるなどのメリットがあり、生産者と消費者の相互理解を深める取り組みとして期待されています。

岡山県でも、地産地消県民運動を推進するために「岡山県地産地消推進会議地域協議会」を設置し、地域段階では美作地域協議会(JA・市町村・美作県民局・森林組合など39団体)が中心となり、

  1. 旬の農林水産情報の提供
  2. 消費者ニーズの把握
  3. 地域農林水産物の直販活動の推進
  4. 学校給食への地域食材の利用促進
  5. 観光関連施設での地域食材の利用促進
  6. 伝統的料理と食材の普及・伝承
  7. 県産材木の利用促進
などを推進項目として地産地消の定着に努めています。

JAでは、安全・安心な農産物づくりを組合員に指導するとともに、生産履歴の明確化に伴う栽培管理日誌の記帳、JA農産物直売所や青空位置を拠点としての地産地消の推進、食育として次代を担う子供たちに食の大切さや地域の食材を学校給食に利用、農産物の生産・収穫体験などを通して食農教育を推進しています。

また、食品衛生法の改正により、平成18年5月29日からポジティブリスト制(すべての農薬に残留基準地が設置され、その多くには、0.01ppmという低い数値が基準値として設定)が施行され、飛散農薬に対しても厳しい残留農薬基準が規制されました。

このような状況の中、JAつやまでは、消費者の皆様が安心して食べられる食材供給を目指し、生産者と消費者の架け橋としての直売所を運営しています。

みち停「あさひ」

みち停「あさひ」外観
所在地
久米郡美咲町西川1001-4
電話
(0867)27-9366
営業時間
午前9時00分~午後5時
定休日
年中無休
※年末年始(12/30~1/5)のみ休み

産地直売所「燦燦つやま」

「燦燦つやま」外観
所在地
津山市林田146-1
電話
(0868)22-8640
営業時間
【3月~10月】午前8時30分~午後6時
【11月~2月】午前8時30分~午後5時
定休日
年中無休
※年末年始のみ休み
生産組合長
大山 正志
生産者
130人

旬の地元産野菜が目当てで寄ります。また、特産の果物も豊富で魅力があります。

津山市地産地消センター「サンヒルズ」

「サンヒルズ」外観
所在地
津山市大田811-1
電話
(0868)27-7131
営業時間
【4月~10月】午前9時~午後6時
【11月~3月】午前9時~午後5時
定休日
年末年始
生産組合長
水田 甫
生産者
約200人

地元産の新鮮な野菜が多く、春先にはウド菜やわさび菜、タラの芽などの山菜類も出荷され、駐車場も広いので便利です。

ファーマーズマーケット「サンサンくめなん」

「サンサンくめなん」外観
所在地
久米郡久米南町下二ケ1367-1
電話
(086)728-4696
営業時間
【4月~10月】午前8時30分~午後6時
【11月~3月】午前8時30分~午後5時
定休日
年中無休
※12月31日~1月3日は休み
生産組合長
松本 璋史
生産者
286人

旬の地元産野菜が目当てで寄ります。また、特産の果物も豊富で魅力があります。

JAつやま柵原農産物直売所「やさい畑」

「やさい畑」外観
所在地
久米郡美咲町久木185-3
電話
(0868)62-1192
営業時間
午前9時~午後5時
定休日
年中無休
※12月31日~1月6日は休み
生産組合長
石戸 芳典
生産者
115人

地元産の新鮮な野菜類やきのこ類のほか、手作りのお弁当やよもぎ餅などの加工品もあり、楽しみです。

▼管内各地の青空市はこちらをご覧ください

このページの先頭へ