HOME » JAつやまニュース » 農業の担い手として地域農業の振興を図る

JAつやまニュース

前へ

クラフト手芸


NEW  青壮年部総会
更新日 2017.05.24

農業の担い手として地域農業の振興を図る(04月13日)


全員で綱領の唱和

JAつやま青壮年部は、第16回総会を津山国際ホテルで開き、部員、JA、関係機関の担当者合わせて37人が出席しました。
議事では平成28年度実績・会計報告、平成29年度事業・予算計画など6議案の全てについて可決、承認し、部長に仁木 紹祐盟友(東部支部)が留任しました。
重点活動として、JAをよりどころとして自らの営農と生活を充実・発展させ組織の充実を図ります。JAの販売・購買事業の利用率向上につとめます。JA職員の教育研修を支援し、JA女性部との食農教育の共同事業を行うことを決めました。
議事終了後は、平成28年度岡山県JA青年の主張・JA青壮年組織活動実績発表大会で最優秀賞を受賞し、同中国・四国地区大会に県代表として出場した東部支部の赤松 英雄盟友が「日本の農業を未来につなぐ」をテーマに発表しました。続いて東部・西部・南部支部がそれぞれの活動を報告し、情報を共有しました。


前へ

クラフト手芸

今年度もいろんなことに挑戦します。


このページの先頭へ