HOME » JAつやまニュース » 認知症サポーター養成講座

JAつやまニュース

前へ

大阪で展示商談会


  正しい知識を学ぶ
更新日 2017.03.24

認知症サポーター養成講座(02月22日)


講座を受講する職員

講座を受講する職員

JAつやまは本店で、職員を対象に認知症サポーター養成講座を開き、69人が受講しました。中期計画に「助けあい」を軸としたセーフティネット機能の発揮の取り組みを掲げています。      
講座は認知症を正しく理解し、認知症の人や、その人を取り巻く家族をサポートする目的で開催。津山市地域包括支援センター職員から認知症の症状や行動などについて学び、グループディスカッションでは、認知症の人との正しい接し方について話合いました。講座受講者には、認知症サポ―ターの証となる「オレンジリング」が配付されました。JAでは平成22年に全職員を対象に開催し、今回はそれ以降の採用職員を対象に開催しました。



前へ

大阪で展示商談会

販売促進活動


このページの先頭へ