HOME » JAつやまニュース » ぶどう生産者と市場の意見交換会

JAつやまニュース

前へ

剪定講習会


  産地のブランド力を高める
更新日 2017.02.24

ぶどう生産者と市場の意見交換会(01月31日)


真剣に意見交換

真剣に意見交換

JAつやまと美作広域普及指導センターは「津山地域のぶどう生産者と市場の意見交換会」を津山鶴山ホテルで開きました。生産者と市場関係者が情報交換を行い、JAつやま産ぶどうの有利販売を進め、農家所得の増大を目指し、ブランド力を高めることを目的に開催。管内のブドウ部会の役員と市場関係者やJA役職員、普及指導センターの職員など34名が出席し5つのグループに分かれ、意見交換が行われました。市場側は「数量を拡大し、連日出荷を行い、安定出荷をしてほしい。」「品種、品質などのバランスを取ってもらいたい。」などの要望があり、生産者は今後の栽培の参考としました。参加した生産者は「市場の求めている人気のものや出荷形態など最新の情報がわかったので、市場に合わせて栽培したい。」と話されました。



前へ

剪定講習会

熱心に話を聞きました。


このページの先頭へ