HOME » JAつやまニュース » 生産者の願いがこもった初セリ市

JAつやまニュース

前へ

JAつやま教育文化セミナー 開催


  29年 初の子牛市
更新日 2017.02.24

生産者の願いがこもった初セリ市(01月20日)


今年も好調

今年も好調

和牛子牛の初セリ市が、全農岡山県本部総合家畜市場で開催されました。県下で285頭が取引され、JAつやま管内からは66頭が出荷されました。取引平均価格は雌769千円(前年同期115%)、去勢837千円(前年同期115%)と、昨年を上回り、出足の良い初セリとなりました。なお、管内の最高価格は、雌1,806千円、去勢1,007千円でした。現在、管内では92戸の農家が、約600頭の和牛を飼育しています。



前へ

JAつやま教育文化セミナー 開催

石田氏の講演


このページの先頭へ