HOME » JAつやまニュース » 平成28年度たくましい農業者のつどい

JAつやまニュース

前へ

ブドウ栽培を目指して


  新規就農者激励
更新日 2017.02.24

平成28年度たくましい農業者のつどい(01月19日)


新規就農者のみなさん

新規就農者のみなさん

津山地方農業士会など関係団体は「津山地域たくましい農業者のつどい」を津山リージョンセンターで開きました。農業者や行政関係者など約200名が参加。津山市、鏡野町、久米南町の新規就農者の激励会や青年農業者クラブによるプロジェクト発表などが行われました。新規就農者の激励会では、就農した6名が「品質の良いものを作り、お手本となる農業者になりたい。」など抱負を述べました。


 プロジェクト発表では「ジビエの骨と皮の利活用~新しい6次化ビジネスのカタチを目指して~」と題して発表を行った鏡野町青年農業者クラブ泉会の田口 大介さんが岡山県青年農業者大会の津山地域代表に選ばれ、2月9日の県大会ではJA岡山中央会長賞を受賞されました。
新規就農者は次のとおりです。(敬称略)
▽津山市=梅村 智久、大畑 和久、門野 真也、村井 健二
▽鏡野町=池田 勝一 ▽久米南町=月本 幸常

前へ

ブドウ栽培を目指して

今後のご活躍を期待しています。


このページの先頭へ