HOME ≫ 営農情報 ≫ 野菜の栽培方法 ≫ レタス

農作物

野菜の栽培方法
前へ

リーフレタス


レタス

レタスの栽培暦

栽培のポイント

  • 発芽と生育の適温は15~20℃である。高温と長日で花芽分化するため、低標高地の早期播種は避ける。
  • 根が浅いことから有機質に富み通気性、排水性、保水性に優れた土地が適する。
  • 酸性土壌に弱いためpHの矯正は十分行う。
  • 作型にあわせて品種を選ぶことが重要である。

♦適応地域

夏まき(1):中国山地

夏まき(2)・春まき初夏どり:津山盆地、美作台地


栽培管理

1.育苗(コート種子利用)

種子は光好性種子でとても小さく、発芽適温(15~20℃)での管理が難しいため、コート種子を利用する。

育苗株数は1aあたり550~740本必要である。

ポリポットに1粒ずつ播種し、新聞紙で覆い、2~3日で発芽しかけたらすぐに新聞紙を取り除く。

低温期の育苗はトンネル保温する。

高温時期の育苗は、暑くならないように黒色の寒冷しゃを平張りする。

2.畑の準備

定植の1ヶ月以上前に完熟たい肥300kg、炭酸苦土石灰(粒)10kgを全面散布し耕うんしておく。

10日前には野菜いちばん20kgを散布し、十分土壌混和した後、幅1.2mの畝を立てる。

排水が悪いほ場では高畝とする。

また、定植3日前には、マルチを設置し地温を適温にしておく。

施肥例(kg/a)

肥料名基肥追肥備考
炭酸苦土石灰(粒)10 追肥が必要な場合は液肥で施す。
野菜いちばん20 

3.定植

定植は、露地栽培では本葉4枚程度の若苗を、トンネル栽培では本葉5枚程度の大苗を用い、温かく風の弱い日に行う。

条間30cm、株間30cmの2条植えにし、深植えにならないように注意する(図)。

定植後は、十分にかん水をし、活着を促す。

4.定植後の管理

植え付け後に、害虫除けの寒冷しゃ(サンサンネットなど)の設置を行う。

結球開始前から結球期にかけては水分要求度が高く、この時期に乾燥すると良球が得られないので、土壌が乾かないようにかん水する。

5.収穫調整

完全結球すると苦みを生じたり、変形球や裂球が多くなるので、8割程度結球したころに収穫する。

収穫は、外葉を2~3枚つけて切りとり、切り口を上に向けてしばらく乾かした後、外葉をとり除く。

病害虫対策

病気

菌核病、軟腐病、灰色かび病が発生する。

連作を避け3年以上の輪作を行う。

また、高畝にして排水をよくしマルチ栽培を行う。

害虫

ネキリムシ類による被害がある。

被害株付近の土中に潜んでいるので付近の土を掘り捕殺する。


協力:津山地域農業技術者連絡協議会
津山農業普及指導センター


前へ

リーフレタス



このページの先頭へ