HOME ≫ 営農情報 ≫ 野菜の栽培方法 ≫ ミズナ

農作物

野菜の栽培方法
前へ

実エンドウ


ミズナ

ミズナの栽培暦

栽培のポイント

  • 生育適温は15~25℃であるが、低温には強く-2℃になっても越冬できる。
  • 生育には十分な水分が必要であるため、乾燥しないように管理することが重要である。
  • モザイク病に弱いのでアブラムシ防除を早めに行う。

♦適応地域

全域


栽培管理

1.畑の準備

有機質に富む、保水性、排水性のよい畑で、前作にアブラナ科野菜を作付けしていない場所を選ぶ。

定植1ヶ月前までに、1aあたり完熟たい肥200kg、炭酸苦土石灰(粒)10kgを施用し、耕うんする。

定植2週間前~10日前に、基肥として野菜いちばん10kgを施用し、畝立てする。

基肥は冬期の栽培では10~12kgと多くし、夏場は6~8kgと少なくする。

栽培期間が長くなり、葉色が薄くなってきたら液肥を施用する。

必要以上の施肥は病害虫の被害を助長することになるので避ける。

施肥例(kg/a)

肥料名基肥追肥備考
炭酸苦土石灰(粒)10 冬期の栽培では基肥を10~12kgと多くし、夏場は6~8kgと少なくする。
野菜いちばん10 

2.播種

1aあたり350mlの種子を準備する。

条間15~20cmにスジまきし、種子が隠れる程度に軽く覆土する(図1)。

十分かん水した後、切りわらを薄く敷いて表面が乾かないようにする。

3.間引き

発芽10~14日後、本葉2枚前後になったころに、株間が5~8cmになるよう密生した部分を間引く(図2)。

間引きが遅れると、軟弱徒長の原因となるので早めに間引く。

また、株間が広いと茎が緑色になりやすく、茎にさえた白色が出ないので注意する。


※大株どり栽培を行う場合は、条間35cm、株間35の2条植えとする。

4.かん水

ミズナの生育には水分が重要で、特に生育初期には十分な水分が必要である。

乾燥しないように適宜かん水を行う。

高温期の栽培では、過湿による軟腐病が発生しやすいので注意が必要である。

5.収穫

京みぞれはサラダ用に使用できる。

サラダ用には、草丈15~25cm、一株重20~40gで収穫する。

その後、草丈30cm程度になると、あまり伸びずに株が張ってくるので、1株ごとに間引くように収穫すると長期間収穫できる。

病害虫対策

病気

春と秋にアブラムシ類が媒介するモザイク病が発生する。

モザイク病に効果のある薬剤はないため、アブラムシ類を防除して発病を未然に防ぐ。

害虫

アブラムシ類、ハモグリバエ類などが発生する。

対策として、不織布、寒冷しゃのトンネルで密閉し、害虫を寄せ付けないようにする。


協力:津山地域農業技術者連絡協議会
津山農業普及指導センター


前へ

実エンドウ



このページの先頭へ