HOME ≫ 営農情報 ≫ 野菜の栽培方法 ≫ ホウレンソウ

農作物

野菜の栽培方法
前へ

ブロッコリー


ホウレンソウ

ホウレンソウの栽培暦

栽培のポイント

  • 発芽適温は15~20℃で、25℃以上では発芽率が低下する。
  • 生育適温は15~20℃で、低温には強く0℃にも耐えるが生育適温をこえると生育はかなり劣る。
  • 酸性土壌では生育が抑制されるためpH矯正する。
  • 低温長日条件で花芽分化するため、作型にあった品種を選定する。

♦適応地域

全域


栽培管理

1.種子の準備

丸種の場合は1aあたり500~600ml、角種の場合は1~1.2L用意する。

流水に1昼夜浸すと発芽率が向上する。また、市販種子の中には発芽率を向上させる処理をした種子がある。

この場合は、袋に記載されたとおり(水に1昼夜浸す必要はない)に行う。

2.畑の準備

定植の3週間前に、1aあたり完熟たい肥300kgと炭酸苦土石灰(粒)10kgを散布し、よく耕うんしておく。

10日前には、野菜いちばん15kgを散布し、十分土壌混和した後畝幅約1m前後の畝を立てる。

排水が悪いほ場では高畝とする。

施肥例(kg/a)

肥料名基肥追肥備考
炭酸苦土石灰(粒)10 追肥は様子を見ながら加減する。
野菜いちばん15 
S604 2~3

3.播種

条間15~20㎝にスジまきして、5mm程度覆土し、軽く鎮圧する(図)。

発芽後は、本葉3~4枚までに適宜間引き、最終株間を5~7cmにする。

4.かん水

播種後かん水を十分に行い、その後は、発芽まではかん水をやや控える。

本葉4枚をこえるころから徐々にかん水量は増やしていくが、かん水作業は晴天日の午前中に行い、夕方には茎葉が乾いている状態とする。

かん水は、なるべくかん水チューブ、かん水ノズルなどで霧状に散水する。


5.遮光、防寒対策

ホウレンソウは高温を嫌うので高温期は遮光資材を使い、光と熱を調節する。

寒冷期には、トンネルに有孔ポリフィルムを使用して、内部に不織布などをベタ掛けし寒害を防止する。

6.収穫

春まきは播種後25~30日、秋まきは播種後40~50日で収穫期になる。

春まきは、生育期が高温となり、抽台しやすくなるので適期収穫する。

高温期は予冷庫がある場合、5℃で12時間以上予冷してから出荷する。

病害虫対策

病気

べと病がよく発生するため注意する。

耐病性品種を選定し、多湿にならないよう高畝にして排水をはかる。

害虫

アブラムシ類、ヤガ類、メイガ類などの発生に注意する。

アブラムシ類はマルチ資材にシルバーポリフィ ルムを使用するかシルバーテープを張り飛来を防ぐ。

メイガ類は幼虫捕殺またはネット被覆により飛来を防ぐ。


協力:津山地域農業技術者連絡協議会
津山農業普及指導センター


前へ

ブロッコリー



このページの先頭へ