HOME ≫ 営農情報 ≫ 野菜の栽培方法 ≫ バレイショ

農作物

野菜の栽培方法
前へ

ハクサイ


バレイショ

バレイショの栽培暦

栽培のポイント

  • 萌芽温度は12~16℃、生育適温は15~20℃である。
  • イモの形成肥大適温は昼間20~24℃で、夜間8~20℃である。30℃以上になると生育、イモの肥大は停止する。
  • 土壌水分は生育前半はやや多く、イモ肥大する生育後半はやや乾燥ぎみがよい。
  • 連作を避け、土づくりと排水対策を行ったほ場を選定する。

♦適応地域

全域


栽培管理

1.畑の準備

1aあたり完熟たい肥200kg、炭酸苦土石灰(粒)10kgを定植の1ヶ月以上前に全面散布し耕うんしておく。

定植の2週間前に、野菜いちばん15kgを散布し、70cmの畝を作る。

施肥例(kg/a)

肥料名基肥追肥備考
炭酸苦土石灰(粒)10  
野菜いちばん15 

2.定植

種イモは春作で25~30g、秋作で30~50gのものを使う。

定植の3、4日前に、適当な大きさになるように、大きな芽を残して縦に切断し、陰干ししておく。

秋作はなるべく切らずに使う。

植え付けは株間25cm、1条植えとし、種イモの切り口を下にして植え付ける(図1)。

マルチ栽培では、露地栽培よりやや深めに植え付ける。


3.芽出し

マルチ栽培では、萌芽を始めたら1~2日おきに見まわり、萌芽した部分のフィルムを破って芽を出してやる。

ただし、晩霜のおそれのある場合はマルチの外へ芽を出すのを遅らせる。

秋作ではマルチ栽培はしない。

4.土寄せ、芽かぎ

春作は萌芽数が多いので、草丈8~10cmのころに強い芽を2芽残して芽かぎする。

土寄せは、萌芽が出そろったころと着蕾期の2回行う(図2)。

2回目 の土寄せは、イモが日光に当たって品質が落ちるのを防ぐ大切な作業なので、十分に土を寄せる。

図2 土寄せの仕方

5.収穫調整

春作では緑葉が2~3割残っている状態で、土壌がよく乾燥しているときに行う。

秋作では霜で茎葉が枯れてからイモが凍害を受けないうちに堀り上げる。

貯蔵は2~5℃に置くようにする。

病害虫対策

病気

疫病(春作:5月末、秋作:10月)がよく発生する。

茎葉の過繁茂は疫病の多発につながるので、肥料の過剰施用(とくに窒素肥料の多用)を避ける。

また、降雨で拡がりやすく、停滞水を分散させ排水をよくする畝作りに心がける。

モザイク病は保毒イモとアブラムシ類によって伝染する。

種イモは無病優良イモを使用する。

またアブラムシ類防除(「2 害虫」の項参照)を行い、発病を防ぐ。

そうか病は、アルカリ性土壌で発生しやすいので、石灰質資材の入れすぎに注意する。

害虫

モザイク病を媒介するアブラムシ類対策として定植時に粒剤を施用する。

また忌避作用のあるシルバーマルチなどを利用し防除に努める。


協力:津山地域農業技術者連絡協議会
津山農業普及指導センター


前へ

ハクサイ



このページの先頭へ