HOME ≫ 営農情報 ≫ 野菜の栽培方法 ≫ ハクサイ

農作物

野菜の栽培方法
前へ

ニンニク


ハクサイ

ハクサイの栽培暦

栽培のポイント

  • 生育適温は18~10℃で、冷涼な気候を好む。
  • 耕土が深く、排水の良い土地が適する。
  • 作型にあわせて品種を選ぶことが重要である。
  • 12℃以下の低温にあうと花芽分化する。それまでに結球に必要な葉数を確保しておかないと不結球となるので、遅まきには注意する。

♦適応地域

全域


栽培管理

1.畑の準備

日あたりがよく、土づくりができている、排水がよいほ場を選定する。

1aあたり完熟たい肥300kg、炭酸苦土石灰(粒)10kgを定植の1ヶ月以上前に全面散布し耕うんしておく。

定植の2週間前に、野菜いちばん16kg、過燐酸石灰(粒)3kgを散布する。

施肥例(kg/a)

肥料名基肥追肥備考
炭酸苦土石灰(粒)10 追肥は、中耕時と結球開始時に分けて行う。
野菜いちばん16 
過燐酸石灰(粒)3 
S604 8

2.播種・育苗

(1) 直播

表の栽植密度のとおり、1ヶ所3~5粒を点まきし、1cm程度覆土する。

播種は適度に土が湿った状態で行い、切わらを薄く散布する。

乾燥する場合は、地温の低い時間帯にかん水を行って一斉に発芽させるとよい。

(2) 直播後の管理

間引きは、子葉展開時に密生部のみ間引きを行う。

2回目は本葉3枚時に2~3本とする。

引き抜くと残す株が痛むのでハサミで切る。最終的には本葉5~6枚時に1本とする。

表 播種方法

 1aあたりの
栽植本数
畝幅、株間
早生種300~380本70cm×40cm(1条植)、130cm×40cm(2条植)
中晩成種300~330本75cm×45cm(1条植)、135cm×45cm(2条植)

(3) ポット育苗

育苗場所は西日を避けて涼しい所を選ぶ。

ポリポットに3~4粒播種し、種子が隠れる程度に覆土し十分かん水する。

育苗日数は、鉢の大きさで異なり、直径9~10.5cm鉢で約20日、7cmのペーパーポットの場合で12~15日である。

育苗中の降雨を防ぐため地上120cmの高さにビニルを屋根型に張っておく。

本葉4~5枚程度の苗を表1の栽植密度で定植する。

深植えにならないように定植し、かん水を行って活着を促す。

3.直播・定植後の管理

本葉6~7枚ころおよびその2週間後に中耕(株間や畝間を軽く削って、株へ土を寄せる)と追肥を行う。

結球開始後は広がっている根を切ってしまうため中耕は行わない。

結球期までに畑が乾燥すると、葉の縁が枯れることがあるので、適宜かん水する。

4.収穫調整

適当なしまり具合になったら適宜収穫する。

遅だしの場合は結球が終わったころ外葉で包み凍害からまもる。

病害虫対策

病気

白斑病、べと病は肥料切れすると発病しやすいので、適切な肥培管理を行う。

軟腐病は株もとの茎葉に傷(虫害による傷も含む)がつくと発生するので注意する。

害虫

生育初期にシンクイムシ類、生育後半に結球内に食い込むヨトウムシ類などがよく発生する。結球前に薬剤散布する。

また、定植直後からサンサンネットなどでトンネル被覆をすると被害が軽減できる。


協力:津山地域農業技術者連絡協議会
津山農業普及指導センター


前へ

ニンニク



このページの先頭へ