HOME ≫ 営農情報 ≫ 野菜の栽培方法 ≫ トマト・ミニトマト

農作物

野菜の栽培方法
前へ

チンゲンサイ


トマト・ミニトマト

トマト・ミニトマトの栽培暦

栽培のポイント

  • 生育適温は昼間25℃前後、夜間16~17℃である。
  • 生育には強い光を必要とするが、30℃を超える環境では着果が劣る。弱光では生理障害(異常茎、落果、空洞果など)が発生しやすい。
  • 生育期間を通じてかん水の影響を大きく受ける。

♦適応地域

全域


栽培管理

1.育苗

種子からの育苗は温床準備、育苗労力を要するため、購入苗を利用する(播種する場合はナスの頁を参照)。

青枯病などの病害が多発する畑では抵抗性台木の接ぎ木苗を利用する。

2.畑の準備

連作を避け、土づくりと排水対策を行ったほ場を選定する。

1aあたり窒素分の少ない完熟たい肥200kg、炭酸苦土石灰(粒)10kgを定植の1ヶ月以上前に全面散布し耕うんしておく。定植の2週間前に、野菜いちばん20kg、過燐酸石灰(粒)4kgを施用して畝を作る。1条植えの場合は1m、2条植えの場合は1.8m幅の畝を立て、土壌水分と地温を確保するため黒マルチを張る。

施肥例(kg/a)

肥料名基肥追肥備考
炭酸苦土石灰(粒)10 追肥は、1~2kg/回を目安に、3、5、7、9段開花時に施肥する。施肥量は樹勢をみながら加減する。
野菜いちばん20 
過燐酸石灰(粒)4 
S604 6

3.定植

定植の適期は、(15cmポット育苗の場合)第1花房が開花し始めたころである。

早い(若い)定植は、初期の生育が旺盛になり異常茎が発生しやすくなるので注意する。

株間は 50cmとし、2条植えの場合は第1花房を通路側に向け、鉢土の1/5が地面から出るくらいに浅く植える。

4.かん水

第3花房の開花までは極力控え、その後は適度にかん水する。

収穫が始まったらかん水量を増やす。樹勢が旺盛になると異常茎、芯止まりになるため、かん水で肥料の効き具合を調整する。

5.追肥

最初の追肥は、第1果房がピンポン玉大になったころに施用する。

その後は草勢を見ながら施用する。

追肥は表面散布よりも土中に穴をあけ施用すると効果的である(ただし、青枯れ病発生の土壌では表面散布にとどめる)。

地下水位の高い場所、降雨が多い時期は、樹勢が旺盛になりやすいので、樹勢を見ながら追肥量を控えめにする。

6.芽かき、誘引

1本仕立てとし、葉の付け根から発生するわき芽は短いうちに手で摘みとる。

できるだけ晴天の午前中に行い、病気の疑いのある株は最後に行う。

7.摘果、下葉かき

果実の肥大をよくするために、また樹勢を低下させないために、各花房4~6果残して摘果する。

奇形果は早めに摘果する。

ミニトマトは摘果しない。

枯葉、病葉は早めに摘みとる。

8.着果促進

着果を安定させるために、晴れた日に花房を震動させて人工授粉を行う。

もしくは着果促進のホルモン剤を花房に処理する。

9.収穫調製

着色程度は、出荷先の要望に合わせる。夏場の高温期には午前中の気温の上昇する前に収穫する。

病害虫対策

農薬の適用作物はトマト(大玉トマト)とミニトマト(直径3cm以下のトマト)で分けられているので、登録内容には留意する。

病気

疫病、葉かび病が発生する。

疫病は、樹勢が旺盛になりすぎないように窒素肥料のやり過ぎに注意し、風通しのよい枝管理を行う。

葉かび病は、着果負担をかけ樹勢が弱らないように、適正な肥培管理を行う。

害虫

アブラムシ類、ハモグリバエ類、タバコガ、オオタバコガの発生が多い。

早期発見、早期防除に努める。


協力:津山地域農業技術者連絡協議会
津山農業普及指導センター


前へ

チンゲンサイ



このページの先頭へ