HOME ≫ 営農情報 ≫ 野菜の栽培方法 ≫ タマネギ

農作物

野菜の栽培方法
前へ

ダイコン


タマネギ

タマネギの栽培暦

栽培のポイント

  • 発芽適温は15~25℃、生育適温は12~17℃で、球の肥大は長日と高温で促進される。
  • 適期に播種して定植する。早まきすると大苗となって抽台(とう立ち)し、分球しやすくなる。また、遅まきすると収量が上がらなくなるので注意する。
  • 多肥や肥料の遅効きは、病害を発生させ、貯蔵性が悪くなるため、施肥時期、施肥量は適正に行う。
  • 植え痛みさせないように注意する。球の肥大に影響するので、1枚の葉でも大切に扱う。

♦適応地域

全域


栽培管理

1.播種、育苗

(1) 苗床の準備

日あたり、通風、排水のよいところに苗床を設置する。

苗床は本ぽ1aあたり、ばらまきで4平方メートル、スジまきで6平方メートル必要である。

播種2週間前に1平方メートルあたり完熟たい肥を6㎏、炭酸苦土石灰(粒)を100g、過燐酸石灰(粒)を50g、S604を50g施用して耕うんし、幅1.2mの畝を立てる。

(2) 播種

本ぽ1aあたり種子60~70ml準備し、6cm間隔にスジまきするかバラまきする。覆土は種子が隠れる程度に行い、その上に切りわらまたは粉末完熟たい肥(3L/平方メートル)を散布し、さらに長わらまたは寒冷しゃを敷いて十分かん水する。

(3) 苗床管理

発芽が始まったら、日差しが強くない時を見計らい、長わらまたは寒冷しゃを取り除く。

芽が出揃ったころに密生部を、株間1cm程度に間引く。

草丈7~8cmのころに、土に等量の粉末完熟たい肥を混合したものを、厚さ5mm程度(5kg/平方メートル)の土入れをする。

2.畑の準備

定植の1ヶ月以上前に1aあたり完熟たい肥200kg、炭酸苦土石灰(粒)10kgを全面散布し、よく耕うんしておく。

定植の2週間前に野菜いちばん12kg、過燐酸石灰(粒)8kgを施用して幅1.2mの畝を立てる。

施肥例(kg/a)

肥料名基肥追肥備考
炭酸苦土石灰(粒)10 追肥は、12月と2月に分けて施す。
野菜いちばん12 
過燐酸石灰(粒)8 
S604 10

3.定植

前日に十分かん水をして、なるべく根を切らないように苗を掘りとる。

苗齢50~60日で草丈30㎝、太さ6~7mmで、1本4.5~5gの苗がよい。

図のよう に深さ2~3㎝程度で、根が露出しないように植え付けた後、十分かん水する。

浅植えすると霜柱、凍結で浮き上がり、断根されて枯死することがあるので注意が必要である。


4.かん水および排水

定植後に乾燥が続く場合は、十分かん水を行い活着を促す。

冬期に晴天が1週間程度続く場合にもかん水を行い、春先の球の肥大を促進する。

また、3月以降は降雨で多湿にならないように排水溝を整備する。

5.雑草対策

黒ポリマルチ栽培を行い、雑草を防止する。

マルチを利用しない場合は、雑草生育初期に除草を行い、その後切りわらまたはたい肥マルチを散布する。

6.収穫調製

収穫が早いと収量が少なく、遅いと貯蔵性が悪くなる。

「切玉」は、葉の付け根を2㎝くらい残して根を切り取り、ネットや段ボールに詰めて出荷する。

「貯蔵用」は60%程度茎葉が倒伏したころに堀りとり、2日程度乾燥させて、日陰につるして貯蔵する。

病害虫対策

病気

べと病、白色疫病が発生する。

多肥栽培を控え、越年時の発病株は抜き取る。

害虫

アザミウマ類、アブラムシ類が発生する。

シルバーテープを利用して飛来を防止する。


協力:津山地域農業技術者連絡協議会
津山農業普及指導センター


前へ

ダイコン



このページの先頭へ