HOME ≫ 営農情報 ≫ 野菜の栽培方法 ≫ サトイモ

農作物

野菜の栽培方法
前へ

サツマイモ


サトイモ

サトイモの栽培暦

栽培のポイント

  • 発芽と生育の適温は25~30℃で、最低発芽温度は15℃。
  • 多湿を好み、土壌が乾燥すると肥大が悪くなる。
  • 連作には弱いので少なくとも3~4年の輪作が必要である。

♦適応地域

全域


栽培管理

1.畑の準備

耕土が深くて水持ちのよい、よく肥えたほ場を選ぶ。

定植の1ヶ月以上前に、1aあたり完熟たい肥200kg、炭酸苦土石灰(粒)10kgを全面散布し、耕うんしておく。

定植の3週間前に、野菜いちばん10kgを施用してよく混和し、幅1mの畝を立てる。

畝の高さは畑の乾燥程度によって加減する。

さらに定植の1週間前に、畝中央に深さ15cmの溝を切り、残りの肥料(野菜いちばん5kg)を施用して6cm程度の間土を行う。

施肥例(kg/a)

肥料名基肥追肥備考
炭酸苦土石灰(粒)10 追肥は土寄せ時に行う。
野菜いちばん15 
S604 6

2.定植

1aあたり15~20kgの種イモを用意する。

種イモは、病気や傷がなく、60~70gで丸く大きいものを選ぶ。

畝幅1mで株間30~40cmの1条植えとする(図1)。

3.土寄せ、追肥

土寄せは草丈30cmのころと6月中旬ころ、7月上旬ころの3回、追肥とあわせて行う。

1回目は6cm、2回目は6~9cm、3回目は9cmの厚さを目安に行う(図2)。


4.かん水、敷わら

イモの肥大には十分な水分が必要である。

特に7月中旬以降から8~9月にかけて急速に肥大するので、この時期は乾燥させないようにかん水する。

また、乾燥防止のために、3回目の土寄せ後に十分な敷わらを行うとよい。

5.収穫調整

地温がマイナスになる前にはすべて掘りあげ、5℃以下にならないように保存する。

病害虫対策

害虫

秋になるとヨトウムシ類、スズメガ類の発生が多くなるので卵や幼虫を見つけ次第捕殺するか薬剤防除を行う。


協力:津山地域農業技術者連絡協議会
津山農業普及指導センター


前へ

サツマイモ



このページの先頭へ