HOME ≫ 営農情報 ≫ 野菜の栽培方法 ≫ サツマイモ

農作物

野菜の栽培方法
前へ

コマツナ


サツマイモ

サツマイモの栽培暦

栽培のポイント

  • 苗の葉柄の基部の両側に根を発生し、その根の一部が 肥大して塊根(イモ:食用部)となる。
  • 発根には15℃以上が必要で、塊根の形成・肥大は22~24℃が最適である。35℃以上で生育が停止し、着色が悪くなる。
  • 窒素が効き過ぎていると塊根(イモ)の肥大が悪くなるので注意。

♦適応地域

全域(中国山地の一部を除く)


栽培管理

1.畑の準備

できるだけ排水のよい土壌(火山灰土壌、砂地土壌)を選ぶ。

定植の1ヶ月以上前に、1aあたり窒素分の少ない完熟たい肥200kg、炭酸苦土石灰(粒)を10kgを全面散布し、耕うんしておく。

定植の2週間前に、野菜いちばん10kgを施用し、幅90cm、高さ25cmの畝を立てる。

施肥例(kg/a)

肥料名基肥追肥備考
炭酸苦土石灰(粒)10  
野菜いちばん10 

2.育苗(種イモの伏せ込み)

床温が30℃になるように電熱線を設置する。

200g程度の種イモを1aあたり50個用意する。

種イモの頂部が少し床土から出る程度に床に伏せ、かん水後敷わら等で保温と乾燥防止する。

更にトンネルを設置し保温に努めるが、40℃以上にならないように管理をする。

萌芽を始めたら25℃程度で管理する。

苗の大きさは草丈30cmで葉数8枚がよい。

3.定植(挿し苗)

畝にかん水後、マルチングして地温を高めておく。

地温が18℃ぐらいで霜の心配がなくなってから植え付けを行う。

植え方は斜め挿しとする(図)。

垂直に植えると大きいイモが少ししかつかない。

現在、消費者には小イモの方が好評であるため、埋める節数を多くする。

4.収穫調製

遅れると着色が悪くなるので、試し堀りを行い、収穫適期を逃さないように掘りとる。


病害虫対策

害虫

ヤガ類の幼虫、コガネムシ類の幼虫等、土壌に潜む害虫による被害が多い。  定植前に薬剤の土壌処理を行う。


協力:津山地域農業技術者連絡協議会
津山農業普及指導センター


前へ

コマツナ



このページの先頭へ