HOME ≫ 営農情報 ≫ 野菜の栽培方法 ≫ コマツナ

農作物

野菜の栽培方法
前へ

ゴボウ


コマツナ

コマツナの栽培暦

栽培のポイント

  • 発芽適温は15~35℃で、生育適温は20~25℃である。
  • 冷涼な気候を好み、25℃以上の高温には弱いが、低温には強く-3℃になっても越冬できる。

♦適応地域

全域


栽培管理

1.畑の準備

日あたりがよく、排水対策を行ったほ場を選ぶ。

定植の1ヶ月以上前に1aあたり完熟たい肥300kg、炭酸苦土石灰(粒)10kgを全面散布し、耕うんしておく。

定植の2週間前に、野菜いちばん15kgを施用し、幅1.2mの畝を立てる。

施肥例(kg/a)

肥料名基肥追肥備考
炭酸苦土石灰(粒)10 砂質土壌では20%増施する。
追肥は第1回目本葉2~3枚ころ、第2回は本葉5~6枚ころに行う。
野菜いちばん10 
S604 6

2.播種

条間15~20cmで4~5条のスジまきし、軽く覆土する。

播種後、十分かん水して切りわらを散布する。

3.間引き

本葉2~3枚のころに、3~5cm間隔に間引く。

4.かん水

春・秋は、3~4日おきに、夏は1~2日おきに、土壌の乾燥具合を見ながらかん水する。

3.追肥

生育期間が短いため、基本的には追肥の必要はないが、肥切れの兆候が見られるときは液肥で追肥する。

4.かん水

本葉4~5枚、草丈20~25cmで収穫する。

収穫適期が短いので、とり遅れに注意する。

病害虫対策

病気

春・秋の雨の続く時期には、べと病や白さび病の発生が多くなるので、発生初期に薬剤散布する。

害虫

コナガ、アオムシ、ヨトウムシ類の鱗翅目害虫の発生が多い。

播種後、寒冷しゃなどを利用しトンネル被覆を行い、成虫の飛来を防ぐ。

その他、アブラムシ類、ダイコンサルハムシが発生するので、早期発見、早期防除に努める。


協力:津山地域農業技術者連絡協議会
津山農業普及指導センター


前へ

ゴボウ



このページの先頭へ