HOME ≫ 営農情報 ≫ 野菜の栽培方法 ≫ キャベツ

農作物

野菜の栽培方法
前へ

カリフラワー


キャベツ

キャベツの栽培暦

栽培のポイント

  • 耕土が深く排水の良好な砂壌土~粘質壌土がよい。
  • 連作すると土壌伝染性病害が発生しやすくなるので3~4年の輪作を行う。
  • 抽台や寒害、病害にならないように、作型にあわせて適した品種を選ぶ。
  • 発芽適温は15~30℃、生育の適温は5~25℃。花芽分化は低温によって誘発され、その後の高温で抽台(とう立ち)する。

♦適応地域

夏まき(1):中国山地

夏まき(2):美作台地、津山盆地


栽培管理

1.育苗

播種床

1aあたり1平方メートルの播種床が必要である。

播種1ヶ月前に1平方メートルあたり完熟たい肥2kg、炭酸苦土石灰(粒)100gを入れて、2週間前に野菜いちばん1.5kgを入れる。

種子は6ml用意し、6cm間隔にスジまきする(図1)。

覆土、かん水後、敷わらをし、発芽が始まったら敷わらを取り除く。

子葉が展開するまでに密生部を間引き、株間を1cm程度にする。

1aあたり株間40~50cmで420~340本必要である。

移植床

1aあたり7平方メートルの移植床を用意し、播種床と同じ土づくりで幅1.2m、高さ10cm程度の畝にする。

移植は本葉1~2枚のころ行う。

移植前に植え溝にかん水をしておく。

間隔は12×12cmで浅植えし、かん水する(図2)。

もしくは9cmポットで育苗してもよい。

移植後は、活着までかん水に注意する。

苗の生育状況を見て液肥を施用してもよい。



2.畑の準備

定植1ヶ月前に1aあたり完熟たい肥300kg、炭酸苦土石灰(粒)15kgを施用し、砕土を兼ねて十分土壌に混和しておく。

播種10日前までに基肥を施用し、1.2m幅(2条植)の畝を立てる。苗は定植5日前には、根回しをしておく。

施肥例(kg/a)

肥料名基肥追肥備考
炭酸苦土石灰(粒)15 追肥は活着2週間後と結球開始期の2回に分けて施す。
野菜いちばん20 
S604 3

3.定植

株間40~50cm(苗420~340本)で定植する(図3)。

植え付け前に植え穴にかん水し、植え付け後もかん水し活着を促す。

4.定植後の管理

中耕、土寄せは追肥の時期(活着2週間後と結球開始期)にあわせて2回行う。

畝間及び株間を軽く耕し、株元に土寄せを行う。

肥料が不足するようなら液肥を1~2回施用する。


5.収穫

結球部を押さえ葉が1~2枚分へこむ程度であれば、概ね結球を完了しているので収穫を行う。

早生種では降雨により裂球しやすいので注意する。

病害虫対策

病気

降雨が多いと軟腐病、黒腐病が発生しやすいのでほ場の排水対策を講じる。

また、連作により発生が多くなるので輪作を行う。

いったん発生すると防除は困難である。

害虫

コナガ、アオムシ、ヨトウムシ類等の鱗翅目害虫の発生が多い。

育苗中は、寒冷しゃ等を利用しトンネル被覆を行い、成虫の飛来を防ぐ。

定植後は、結球開始時期までを重点的に防除し、球の内部に害虫が入り込まないよう初期防除を徹底する。

また、寒冷しゃによる被覆栽培を行っても被害が軽減できる。


協力:津山地域農業技術者連絡協議会
津山農業普及指導センター


前へ

カリフラワー



このページの先頭へ