HOME ≫ 営農情報 ≫ 野菜の栽培方法 ≫ カリフラワー

農作物

野菜の栽培方法
前へ

カボチャ


カリフラワー

カリフラワーの栽培暦

栽培のポイント

  • ブロッコリーから改良されたもので、ハナヤサイとも呼ばれる。
  • 栽培する時期に適した品種を選ぶ。
  • 生育適温は20℃程度で、比較的冷涼な気候を好む。
  • 乾燥には強いが、排水不良地では生育が著しく劣るので畑の排水対策を徹底する。
  • 初期生育を順調にし、茎葉を大きく作る。

♦適応地域

全域


栽培管理

1.播種・育苗

1aあたり4~6mlの種子を用意する。

トロ箱や水稲育苗箱を利用して、市販の用土を詰め、6cmの条間でスジまきする。

播種後は十分かん水し、乾燥防止に新聞紙を覆っておく。

芽が出たらすぐに新聞紙をとり除く。

夏期は2~3日で発芽し始めるので新聞紙をとり遅れないように注意する。

育苗箱の上1.2mくらいに、寒冷しゃを水平張りし、高温と夕立から苗を守る。

2.間引き

芽が出揃ったころから密生部を中心に行い、最終3cm程度になるように間引く。

3.畑の準備

定植2週間前までに、1aあたり完熟たい肥を200kg、炭酸苦土石灰(粒)を10kg施して土づくりを行い、定植1週間前に基肥を全面に施して耕うんし、1条植えなら70~80cm、2条植えなら1.35~1.5m幅の畝を立てておく。

極早生種や早生種のように生育期間の短い品種は基肥主体に施肥を行い、中早生種~中晩生種は後期の生育を旺盛にして花蕾の形状や品質を良くするために追肥を重点に行う。

施肥例(kg/a)

肥料名基肥追肥備考
炭酸苦土石灰(粒)10 追肥は定植20~30日後に行う。夏まきでは出蕾初期にも行う。保肥力の低いほ場では追肥回数を増やす。
野菜いちばん20 
過燐酸石灰(粒)3 
S604 3

4.定植

定植する苗の大きさは、早生種で本葉5~6枚、中・晩生種で本葉6~8枚が適当である。

株間は早生種で40cm、中・晩生種で45cmとする(図)。

植え穴に十分かん水してから定植すると活着がよくなる。


5.追肥

定植20~30日後に1回目の追肥を行う。

出蕾初期に2回目の追肥を行い、晩生種はさらに20日程経った後に生育状況を見ながら3回目の追肥を行う。

6.中耕・土寄せ

1回目の追肥の時に、除草を兼ねて中耕と土寄せをし、株が倒れるのを防ぐ。

7.かん水

生育期間中、特に生育初期に水分が不足すると、生育が大きく阻害されるので、乾燥時には十分かん水する。

また、追肥後に降雨がない時はかん水して肥効を促す。

8.軟白

花蕾に直射日光があたって黄化するのを防いだり、凍害から保護するために、花蕾が大きくなったら外葉で包むように結束する。

9.収穫

高温期は収穫適期が短いので、時期を逃さないように注意する。

花蕾を触って柔らかく感じるようだと収穫遅れである。

収穫適期は花蕾が葉の間から2/3程度見えるときで、目安は花蕾が見え始めて早生で15日程度、中生で30日程度である。

収穫は外葉を6~7枚つけて包丁で切り取る。

病害虫対策

病気

苗立枯病、べと病が発生しやすい。

苗立枯病は、土壌消毒を行うとともに、地温の低下をはかり、土壌の過湿を避ける。

べと病は、予防散布を行うとともに、排水に努めて過湿を避け、肥切れしないように肥培管理する。

害虫

アオムシ、ヨトウムシ類が発生しやすい。

虫齢が進むと薬剤の効果が低下するため、早期発見、早期防除を心掛ける。


協力:津山地域農業技術者連絡協議会
津山農業普及指導センター


前へ

カボチャ



このページの先頭へ