HOME ≫ 営農情報 ≫ 野菜の栽培方法 ≫ カボチャ

農作物

野菜の栽培方法
前へ

カブ


カボチャ

カボチャの栽培暦

栽培のポイント

  • 生育適温は17~20℃。10 ℃以下では生育が停止し、降霜で枯れる。
  • 黒ボク土を除き比較的土壌は選ばない。
  • 乾燥には強いが、過湿に弱いため排水対策を徹底する。
  • つるぼけを防ぐため、基肥を控え、着果後の追肥に重点をおく。

♦適応地域

全域


栽培管理

1.播種、育苗

1aあたり種子を約100ml準備する。

完熟たい肥と土を混ぜた床土をポリ鉢に詰め、ビニールなどで覆いをして地温を高めておく。

一昼夜吸水させた約100mlの種子を1鉢に2粒ずつまき、1cmくらいの覆土してかん水する。

発芽までは30℃で管理し、発芽したら20~25 ℃で管理する。

子葉展開時に15cmポットに鉢上げする。

2.畑の準備

日あたりがよく、土づくりができている排水のよいほ場を選ぶ。

定植の1ヶ月以上前に1aあたり完熟たい肥200kg、炭酸苦土石灰(粒)10kgを全面散布し耕うんしておく。

定植の2週間前に、野菜いちばん15kg、過燐酸石灰(粒)2kgを施用し、幅3mの畝を立て、株間1mで植え穴を掘っておく。

施肥例(kg/a)

肥料名基肥追肥備考
炭酸苦土石灰(粒)10 追肥は、2~3回に分けて施す。
野菜いちばん15 
過燐酸石灰(粒)2 
S604 6

3.定植

定植10日前にはマルチをかけ地温を上げておく。

本葉5~6枚の苗を、晴天の温暖風の日に浅く定植し、十分かん水する(図)。

定植時に摘心しておく。

4.整枝

子づるが15~20cm伸びたころに、勢いのよいものを2本残して一方向に伸ばし、孫づるは全て取り除く。

特に着果節位から出る孫づるは勢いが強いので必ず取り除く。


5.着果

1番果は通常6~8節に着果させ、草勢が弱い場合は8~10節に着果させる。

5節以下に着果した果実は大きくならないのでとり除く。

雌花開花期が低温の場合は人工授粉を行う。

6.追肥

追肥の1回目は1番果の着果後、2回目は2~3番果の着果後に行う。

7.敷きわら

つるの伸長にあわせて十分な敷わらをする。

乾燥防止になるとともに、果実の汚れや、病害虫防除にもなる。

8.収穫調整

一般的に、果実の完熟には積算温度1,000℃が必要で開花後55日ぐらい要するが、天候によって若干異なるので試し収穫を行う。

果梗部分が白くコルク質になっていれば収穫が可能である。

若取りは糖度は低く、果肉色も黄色である。

果肉色が橙色になる方が糖度も高く食味もよい。

収穫後は、風乾し果梗から汁が出なくなってから出荷する。

病害虫対策

病気

うどんこ病、疫病が発生する。
過湿、過繁茂を避け、つるの伸長にあわせて十分敷わらを行い、通風の改善(雑草防除)、病気発生の予防に努める。

害虫

ウリハムシ(ウリバエ)が発生する。

周囲の雑草防除と定期的な殺虫剤散布に努めるほか、シルバーフィルムマルチを利用することで、成虫の飛来を回避することができる。


協力:津山地域農業技術者連絡協議会
津山農業普及指導センター


前へ

カブ



このページの先頭へ