HOME ≫ 営農情報 ≫ 果樹の栽培方法 ≫ イチジク(蓬莱柿)

農作物

果樹の栽培方法

イチジク(蓬莱柿)

イチジク(蓬莱柿)の栽培暦

栽培のポイント

  • 津山地域の露地栽培では耐寒性の強い「蓬莱柿」が適する。
  • 根は通気性を好み、停滞水に弱いため、排水対策を徹底する。
  • 腐植と石灰を多く含む土づくりを行う。

♦適応地域

全域


栽培管理

1.ほ場の準備

暗きょ、明きょを設置した排水のよいほ場が望ましい。

定植2ヶ月以上前に、直径2m深さ3cm以上の植え穴を作り、完熟たい肥50kg、炭酸苦土石灰(粒)2kgを混和し、高さ30cm程度の盛り土を作る。

2.植え付け

 3月中旬に、列間5m×株間5m以上(その後数年で間伐し、10m×10m以上とする)で植え付ける。

苗木は節で切り返し(長さ50cm以下)、先端の芽を北側もしくは山側に向ける。

地表より高く土を盛り、根を広げて植え付け、最終的には地表より30cm高く盛り土する。

植え付け後、十分なかん水を行い、敷わらする。

3.整枝せん定(成木)

主枝(最も太い枝)から亜主枝(次に太い枝)を2本出した骨格を作る。

主枝、亜主枝の先端は上を向ける。

骨格枝より小さい枝(側枝)は樹全体に均等に配置する。

果実をならせた枝は、春期のせん定時に、側面やや下向きの1芽を残して、1つ先の節で切る(図1、2)。


4.新梢管理

発芽期に上芽をとり除く。

展葉2~4葉期は、混んだ部分で強弱が極端に違う芽をとり除く(5~6本/㎡)。

全体を見渡し、強い新梢が12枚展葉したころから摘心(摘みとり)を始めるが、弱勢樹は摘心しない。

混んだ所は枝を間引き、誘引を行い、結果枝同士を離す。

主枝、亜主枝の先端は、摘心せずに添え竹に誘引し、上向きに伸ばす。

5.結実管理

蓬莱柿の夏果は少ないため、秋果専用種として扱う。

1節に2個ついた果実や、摘心後に伸びた副梢(わき芽)の果実は摘果する。

6.収穫

8月下旬~10月に、果頂部の裂開始めを目安に収穫する。

7.土壌管理

3月中旬から、適度な湿り気を維持し、発芽後晴天が続くなら、1週間に1~2回程度のかん水を行う。

梅雨明け後は、晴天が3日続いたらかん水する。

6月上旬までに敷わらを必ず行う。

収穫後、完熟たい肥(200kg/a)を散布し、表面を浅く耕す。

施肥例(5~9年生)(kg/a)

肥料名基肥追肥(1)追肥(2)備考
果樹いちばん3.6~7.8  4年生までの若木は5割程度減量し、10年生以上は樹勢にあわせ増量する。
炭酸苦土石灰(粒)10  
S604 0.8~1.60.8~1.6

*元肥は11月、追肥(1)は6月、(2)は8月に施用。

*樹勢が弱い(摘心が不要な樹)なら収穫後に追肥と同量の礼肥を施用。

病害虫対策

疫病、カミキリムシ類、ハダニ類、アザミウマ類およびネコブセンチュウに注意する。

こぶの無い健全な苗を植え付けるとともに、雑草を繁茂させず、通風と採光を重視する。

協力:津山地域農業技術者連絡協議会
津山農業普及指導センター




このページの先頭へ