HOME ≫ 営農情報 ≫ 作物の栽培方法 ≫ 黒大豆

農作物

作物の栽培方法
前へ

小豆


黒大豆

黒大豆の栽培暦

栽培のポイント

  • 無病種子確保のため、種子更新を行う。
  • 連作は避ける。
  • 排水良好で、有機質に富むほ場を選定する。
  • 完熟たい肥や土づくり資材による土づくりを行う。
  • 湿害に弱いので、排水対策を徹底する。
  • 病害虫の適期防除に努める。

♦適応地域

全域


栽培管理

1.土づくり・ほ場の準備

地力向上のため、完熟たい肥を1aあたり100~200kg程度使用する。

また、土壌pHを矯正するため、炭酸苦土石灰(粒)を1aあたり10kgを施用する。

特に、連作している場合は、連作障害が出やすいので、深耕や土づくりに心がける。

また、湿害に弱いので、暗きょや明きょの設置、排水溝などを設ける。

2.播種・定植

ほ場の条件や栽培面積等により、直播栽培、移植栽培を行う。

(1) 直播栽培

播種時期

6月10日~6月20日ころ

播種量

1aあたり0.3kg程度(1株に2粒まき、覆土1~2cm程度)

栽植密度

条間90~120cm×株間40~50cm

(2) 移植栽培

播種時期

6月10日~6月15日ころ

播種量

1aあたり0.2kg程度

育苗方法

苗床で行う場合は播種間隔は8×5cmに1粒播種し軽く覆土を行う。

定植方法

播種後12~14日ころで、本葉第1葉が展開したころに子葉節まで土がかかるように深植えをする(図1)。



(3) 栽植密度

条間90~120cm×株間40~50cm

3.施肥

施肥例(kg/a)

肥料名基肥追肥備考
大豆化成3 
リンスター303
炭酸苦土石灰(粒)10

4.雑草対策

畝立て、播種直後に、除草剤を均一に散布する。

5.中耕・土寄せ

中耕・土寄せは、倒伏防止、根の発達促進などがあり増収効果が高い(図2)

1回目

播種25~30日後(本葉3~4葉期ころ)

2回目

1回目の15~20日後(本葉5~6葉期ころ)



6.収穫・乾燥

(1) 収穫、乾燥・脱穀

茎葉が黄変し、莢が80~90%褐色になったころに、収穫し、架干し、島立てなどで10~15日程度乾燥する(必要に応じ収穫前に、葉もぎを行う)。

脱穀は、子実の乾燥を確認してから行う。

高水分、過乾燥で脱穀すると品質の低下、収穫ロスが発生する。

(2) 選別・仕上げ乾燥

被害粒、裂皮粒、扁平粒、しわ粒などを除去する。

直射日光のあたらない屋内で、爪が立たない程度まで乾燥させる。

選別機、黒大豆用篩で規格に選別し仕上げる。



病害虫対策

モザイク病
(アブラムシ類)

アブラムシ類により媒介される。

播種時、生育期間に防除を行う。

カメムシ類

着莢期~子実肥大期の発生で被害が大きく、落莢、子実の変色、変形、奇形粒の原因となる。

8月下旬、9月上旬を中心に、マメシンクイガもあわせて防除を行う。


協力:津山地域農業技術者連絡協議会
津山農業普及指導センター


前へ

小豆



このページの先頭へ